「沖縄民謡のこれから、講座」カテゴリーアーカイブ

沖縄民謡のこれから、を考える「意見交換シンポジウム」のお知らせ

2017002_シンポジウムチラシ_最終

沖縄音楽創造機構では、2015年度より、沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会の支援をえて、「沖縄民謡のプラットフォーム組織設立に向けた現状調査と中長期計画策定事業」を実施しています。今年度実施した事業内容の年次報告とともに、組織設立をめざした、今後の沖縄民謡の保存継承・普及にむけての意見交換シンポジウムを開催致します。客席フロアからも、自由にご意見や提案をいただく時間も設けますので、たくさんの皆様の御来場をお待ち致します。

沖縄民謡のこれから、を考える「意見交換シンポジウム」
開催日時:2017年2月18日(土)15:00-17:30
会場:沖縄県立芸術大学附属研究所・小講堂
参加無料

【第1部  15:00-15:50】
沖縄民謡のブラットフォーム設立にむけた現状調査と中長期計画策定事業の年次報告
登壇者:鶴見幸代(沖縄音楽創造機構)

  • 沖縄民謡意識調査結果と分析
  • 沖縄民謡のテストマーケティングについて
  • 沖縄民謡普及CD『ようこそ「島うた」の世界へ〜沖縄・宮古・八重山の民謡』の配布および、感想アンケートによる試聴者の志向分析と今後の普及戦略
  • 「沖縄民謡のこれから、講座」報告
  • 中長期計画について

【第2部 16:00-17:30】
沖縄民謡のこれから、を考える「意見交換シンポジウム」

登壇者:
平田大一(沖縄県文化振興会理事長)
久万田晋(沖縄県立芸術大学附属研究所所長)
大工哲弘(沖縄県合同民謡協会会長)

特別ゲスト:
照喜名朝一(国指定重要無形文化財「琉球古典音楽保持者」)
知名定男(民謡歌手、琉球音楽協会名誉会長)

司会:鶴見幸代(沖縄音楽創造機構)

アクセス:沖縄県立芸術大学附属研究所
住所:那覇市金城町3-6
公共交通機関:「芸大第3キャンパス前」バス停下車、徒歩1分。沖縄バス7 番、8番
駐車場有り。

(問合せ)沖縄音楽創造機構(OMF) 担当・鶴見:tsulu(a)mac.com
岡 :okakenji33(a)gmail.com

主催:沖縄音楽創造機構(OMF)
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会

→チラシ(PDFダウンロード)

第6回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ(最終回)

201701・02_民謡_講座、シンポジウムチラシ沖縄民謡を多角的に見ていこうという主旨で、2016年7月より始まりました講座シリーズ。

これまでは、さまざまな分野の先生をお招きしましたが、今回の第六回目は最終回として、沖縄県立芸術大学の久万田晋教授を講師にお招きし、「民謡とはなにか?〜奄美・沖縄・宮古・八重山の広がりから〜」として、民謡についてをとことん掘り下げた講義となります。基調な機会です。たくさんの皆様の御来場をお待ち申し上げます。

【第6回】沖縄民謡のこれから、講座
2017 年 1 月 21 日(土)15:00〜16:30
会場:沖縄県立芸術大学附属研究所・小講堂
(那覇市金城町3-6「芸大第3キャンパス前」バス停下車、徒歩1分。沖縄バス7 番、8番)

講師:久万田晋(沖縄県立芸術大学附属研究所所長)
講座内容:民謡とは何か?〜奄美・沖縄・宮古・八重山の広がりから〜

→チラシ(PDFダウンロード)

(問合せ)沖縄音楽創造機構(OMF) 担当・鶴見:tsulu(a)mac.com
岡 :okakenji33(a)gmail.com

主催:沖縄音楽創造機構(OMF)
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会

第5回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ

沖縄民謡のこれから講座(後期)

沖縄民謡を多角的に見ていこうという主旨で、7月より始まりました講座シリーズ。

第五回目は、県内国内はもちろんのこと、海外でも大活躍中の唄者・アーティストの堀内加奈子さんと、The Power of OKINAWAの著書などで、沖縄の音楽について広く海外に紹介されている、音楽ジャーナリストのJohn Potterさんをお招きし、「海外から見える沖縄民謡の魅力」をテーマにお話致します。

【第5回】2016 年 12 月 16 日(金)
会場:県立博物館・美術館 講座室(美術館側)
時間:13:30〜15:00
講師:堀内加奈子(アーティスト)、ジョン ポッター(音楽ジャーナリスト)
通訳:ポッター・みどり
講座内容:海外から見える沖縄民謡の魅力

(問合せ)沖縄音楽創造機構(OMF) 担当・鶴見:tsulu(a)mac.com
岡 :okakenji33(a)gmail.com

主催:沖縄音楽創造機構(OMF)
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会

第4回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ

沖縄民謡のこれから講座(後期)

沖縄民謡を多角的に見ていこうという主旨で、7月より始まりました講座シリーズ。

旧暦9月6日ということで、「くるち」(黒木)の日を迎える10月6日の回は、くるちの杜100年プロジェクトin読谷より、地域密着型旅行社「旅らぼ沖縄」代表の當山勝則さんと読谷村文化協会の先生として読谷村主宰「赤犬子子ども三線クラブ」で指導されている中村正幸さんをお招き致します。

《第4回》「沖縄民謡のこれから、講座」
〜くるちと三線と未来の話〜
2016 年 10 月 6 日(木)
(旧暦9月6日)
会場:読谷村地域振興センター大会議室
時間:13:30〜15:00
講師:くるちの杜100 年 プロジェクト in 読谷
當山勝則(地域密着型旅行社「旅らぼ沖縄」代表)
中村正幸(赤犬子子ども三線クラブ講師)

三線音楽の始祖といわれる赤犬子(あかいんこ)のゆかりの地、読谷村にて開催。三線の棹の素材としてかかせない「くるち」(黒木)の植樹活動や、子ども達への三線音楽普及の取組など、地域ぐるみでの文化継承の総括的なお話をうかがいます。自分達で素材から育ててしまおう、という発想ってすごいですよね。

第3回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ

沖縄民謡のこれから講座(後期)

沖縄民謡を多角的に見ていこうという主旨で、7月より始まりました講座シリーズ。

今回は、三線職人で沖縄県三線製作事業協同組合事務局長の 仲嶺幹さんをお迎え致します。沖縄民謡では誰もがほぼ必ず使用するアイテム、三線についてのお話です。

 

《第3回》「沖縄民謡のこれから、講座」

〜伝統における新しい取組み〜
2016年9月16日(金)15:00〜16:30
県立博物館・美術館 講座室
参加無料(先着40名)
講師:仲嶺幹(沖縄県三線製作事業協同組合)
進行:平田大一(公益財団法人沖縄県文化振興会理事長)
主催:沖縄音楽創造機構(OMF)
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会

沖縄県三線製作事業協同組合
http://okinawa34.jp/

単なる楽器としての三線でなく、沖縄の歴史・文化や魂を大切にしてこその、将来へむけての三線から発するあらゆるつながり(県産三線ブランド化〜素材の黒木育成啓発〜演奏家・音楽〜職人育成〜海外普及〜)をプロジェクト化し、三線製作の合間をぬって、忙しくあちこちに飛び回っている仲嶺さん(同い年!)。私が県文化振興会にいたときから、仲嶺さんの熱意にはいつも刺激されてきました。今回は、わたしもクロストークに参加させていただき、三線や沖縄民謡の未来に向けて、三線組合の実際の取組み事例から多くを学びたいと思います。必聴・必見です!!

第2回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ

0625%e6%b0%91%e8%ac%a1_%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%89%88第2回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ。沖縄民謡を多角的に見ていこうという主旨で、7月より始まりました講座シリーズ。今回は、沖縄民謡に深く携わってらっしゃるお二人、大工哲弘氏、宮沢和史氏を講師にお迎え致します。

生まれた頃から生活とともにあった歌を受け継いでいる八重山民謡の第一人者である大工氏と、「島唄」ブームで沖縄民謡界にも旋風をもたらし、現在は約250曲を収録した沖縄・宮古・八重山民謡大全集「唄方~うたかた~」を監修されている宮沢氏による、沖縄民謡にまつわる未来志向のお話です。

《第2回》「沖縄民謡のこれから、講座」
〜沖縄民謡のこれから、を考える〜
8月19日(金)15:00〜16:30
てんぶす那覇3F会議室
参加無料(先着40名)
講師:大工哲弘(唄者)、宮沢和史(アーティスト)
進行:平田大一(公益財団法人沖縄県文化振興会理事長)

主催:沖縄音楽創造機構(OMF)
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会