omf2016 のすべての投稿

沖縄民謡意識調査2016開始

沖縄音楽創造機構では、沖縄県外の皆さんの沖縄の文化・芸術への興味を調査し、沖縄の文化・芸術をより多くの皆さんに楽しんでもらう方法を考えるためにアンケート「沖縄民謡意識調査2016」を実施しております。ご協力よろしくお願いいたします。(所要時間は5分程度です。)

CDジャケット

アンケートをすべてご回答いただいた方から先着200名様(希望者のみ)に、宮沢和史氏監修のCD『ようこそ「島うた」の世界へ2016~沖縄・宮古・八重山の民謡』をプレゼントいたします。沖縄民謡を沖縄県内外から海外へと広く親しんでいただくための普及用プロモーションCDとして録音・製作したものです。プレゼント希望の方は、アンケート回答後に必要事項をご記入ください。

アンケート実施期間:2016年9月〜2017年1月

本件に関するお問合せ:沖縄音楽創造機構

Mail:info(a)okinawa-music-forum.net(担当:鶴見)

HP:http://okinawa-music-forum.net

支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会

普及用プロモーションCD詳細:http://okinawa-music-forum.net/shimauta/promotion/

第3回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ

沖縄民謡のこれから講座(後期)

沖縄民謡を多角的に見ていこうという主旨で、7月より始まりました講座シリーズ。

今回は、三線職人で沖縄県三線製作事業協同組合事務局長の 仲嶺幹さんをお迎え致します。沖縄民謡では誰もがほぼ必ず使用するアイテム、三線についてのお話です。

 

《第3回》「沖縄民謡のこれから、講座」

〜伝統における新しい取組み〜
2016年9月16日(金)15:00〜16:30
県立博物館・美術館 講座室
参加無料(先着40名)
講師:仲嶺幹(沖縄県三線製作事業協同組合)
進行:平田大一(公益財団法人沖縄県文化振興会理事長)
主催:沖縄音楽創造機構(OMF)
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会

沖縄県三線製作事業協同組合
http://okinawa34.jp/

単なる楽器としての三線でなく、沖縄の歴史・文化や魂を大切にしてこその、将来へむけての三線から発するあらゆるつながり(県産三線ブランド化〜素材の黒木育成啓発〜演奏家・音楽〜職人育成〜海外普及〜)をプロジェクト化し、三線製作の合間をぬって、忙しくあちこちに飛び回っている仲嶺さん(同い年!)。私が県文化振興会にいたときから、仲嶺さんの熱意にはいつも刺激されてきました。今回は、わたしもクロストークに参加させていただき、三線や沖縄民謡の未来に向けて、三線組合の実際の取組み事例から多くを学びたいと思います。必聴・必見です!!

第2回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ

0625%e6%b0%91%e8%ac%a1_%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%89%88第2回「沖縄民謡のこれから、講座」のお知らせ。沖縄民謡を多角的に見ていこうという主旨で、7月より始まりました講座シリーズ。今回は、沖縄民謡に深く携わってらっしゃるお二人、大工哲弘氏、宮沢和史氏を講師にお迎え致します。

生まれた頃から生活とともにあった歌を受け継いでいる八重山民謡の第一人者である大工氏と、「島唄」ブームで沖縄民謡界にも旋風をもたらし、現在は約250曲を収録した沖縄・宮古・八重山民謡大全集「唄方~うたかた~」を監修されている宮沢氏による、沖縄民謡にまつわる未来志向のお話です。

《第2回》「沖縄民謡のこれから、講座」
〜沖縄民謡のこれから、を考える〜
8月19日(金)15:00〜16:30
てんぶす那覇3F会議室
参加無料(先着40名)
講師:大工哲弘(唄者)、宮沢和史(アーティスト)
進行:平田大一(公益財団法人沖縄県文化振興会理事長)

主催:沖縄音楽創造機構(OMF)
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会